今から○○年前、バイク乗りの挨拶はピースサイン

さて当時、私はスポーツタイプのバイクに乗っていました。ホンダCBRというカウル付きのバイクです。つきあっていた彼もバイク乗りで、後ろに乗せてもらってバイクの楽しさを知りました。親に内緒で中型免許を取り、免許取り立てということもあり、毎日が嬉しくバイク三昧。

福島の土湯温泉というところに住んでいた私は、土湯峠をバイクで攻めるのが大好きでした。レディスバイクという雑誌を買い、その雑誌の投稿コーナーを見て、同じ女性のライダーとペンフレンドになったり(懐かしい。。今はペンフレンドなんてフレーズ死語ですね。多分)また、バイクショップ主催のツーリング、そして自動車学校でのライディングスクール。

明けても暮れても、私はバイクが好きで、バイクのことで頭がいっぱいでした。さて土湯峠ですが、当時は、革つなぎを着たライダーがきついカーブを地面すれすれまでひざを落とし、これでもかというくらいスピードを上げながら走る、いわば危険と隣り合わせのライディングをする人が多かったです。そして自分を追い越すライダーがいたものなら、逆上しそのライダーを追いかける、抜こうとする。今思えば血の気の多いライダーがたくさんいました。

しかし、そういった人達とは逆の、マイペースな走りでツーリングを楽しむライダーもいましたね。ライダー同士の挨拶って今もあるのでしょうか?当時のライダーたちの挨拶はピースサインでした。バイクで走っていて、向かいからライダーが来ると、相手に向かってピースサインであいさつを交わしていたものです。車では見られない、バイク乗りならではの楽しい瞬間。
「こんにちは」
「同じバイク乗りだね。仲間だね」
的な意味合いが入っていたのか、あまり考えず、ピースサインを向けられると自然にピースサインで答えていました。

バイクの免許取り立ての頃は、私も男子に負けじとスピードメーターを上げることがかっこいいと思っていたけれど、いつしか、のんびりバイクを楽しむようになっていました。風や空気、そして木々の香りと共に感じられる季節の変化。そして人々とのふれあい。バイクは私にいろいろな楽しみを教えてくれました。

子どもが産まれて、いつしかあまり乗らなくなってしまったバイク。今はもう手放してしまったバイク。いつしかまたバイク乗りになって、バイクを楽しみたいなと思う今日この頃です。私と似たような女性がこんなサイトを作っているのをみつけました。⇒ Ape_エイプ50をバイク買取業者に高く売るコツ※私の体験談
確かにエイプでまたバイクに乗ることを再開するのもいいかも!とちょっとわくわくしている私です。