薬剤師さんをCROにスカウトしました。

僕は、48歳の薬剤師です。正確には現場で薬剤師をしておらず、某CROでCRAをやっています。また同時に人事部にも所属して薬剤師のスカウトをおこなっています。

仕事では、パソコンを使うことが多くいつも目に負担がかかっています。そのためか、頭痛やめまい、肩こりなどに悩まされていました。普段は、あまり目薬などを使わないのですが、年齢を重ねるとともに、疲れが取れないことが増えてきました。

 そんなある日、会社の帰りに家の近くの薬局で目薬を買うことにしました。
 最近は、目薬もたくさんの種類があるのですね。いろんな商品を見ていると、自分の症状に当てはまる目薬はどれなのか、自分のことなのにわからなくなってしまいました。どの目薬が自分に合うのかを悩んで、10分以上が経過したころだったと思います。

 とても、きれいな美人の薬剤師さんに、「何かお探しですか?」と声をかけられました。はじめは、何のことかわからずに、“ぼーっ”としてしまいました。
 そこでもう一度、「何かお探しですか?」と声をかけられてわれに返りました。僕は、「目薬を探していること」、「仕事でパソコンを使っていて、目を酷使していること」、「最近、頭痛と肩こりがひどいこと」を話しました。

 そうすると、美人の薬剤師さんはいくつかの商品いついて説明してくださいました。結果として、僕は「ドライアイなのではないか」、「ドライアイであれば、そのための目薬を使用したほうが良いのではないか」などのお話をいただきました。

 そして早速、薬剤師さんに勧められた「ドライアイ用の目薬」を購入し、使い始めました。使い始めた当初は、特に変化がなかったのですが、1ヶ月が経過したころから、目の疲れが以前よりも軽くなったように感じました。また、肩こりも以前ほどではなくなったように感じました。美人薬剤師さんに勧められた目薬は、1ヵ月半ほどで使いってしまい、同じものを購入しに行きました。
 すると、目薬を勧めてくれた美人薬剤師さんが、また対応してくれました。しかも、僕のことをしっかり覚えてくれていたのです。今では、何か身体の不調を感じれば、美人薬剤師さんに相談をして薬を買っています。
実は、この薬剤師さんをウチのCROにスカウトする予定です。
だいたいスカウトは特殊なケースなので、もし薬剤師でCROに就職したい方はこんなサイトを参考にするといいですよ。⇒http://薬剤師求人cro.com/